エドウィンは、1947年に設立されたデニム素材を中心とした日本のファッションブランド。前身は、TUNEMIで、1950年代に常見米八商店の商号から発展したブランドである。当初はアメリカより中古ジーンズを輸入していた。1960年代に入り、日本で初めて独自の製法によりジーンズを製造・販売する。このエドウィンというブランド名は、ジーンズ素材のDENIMの「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転し「WIN」として命名したといわれている。日本テレビ系『TVジョッキー日曜大行進』の人気コーナー「奇人変人大会」では毎回優勝者にエドウインのジーンズが贈呈されることなどでエドウィンのブランドは浸透していく。エドウインのジーンズの特徴として、ペーパー・ブラシを用いてジーンズにヒゲを出したり、シェービングを用いて全体的な色落ち加工を施したり、ほつれを出すなどのダメージ加工が有名で、今では多くの男女が穿くようになった。デザインの特徴としては、ポケットのWのステッチ、EDWINロゴを大きく配した皮ラベルなどが挙げられる。このデザインは1960年代のモデルから引き継がれているデザインである。また一時期はアメリカ・イタリアにも工場を設け、MADE IN U.S.A.シリーズ及びMADE IN ITALYシリーズを生産していたが、これは数年で中止されている。最近では著名人とのコラボレーションジーンズでも有名であり、速水もこみちや土屋アンナらがデザインしたジーンズが販売され人気を得ている。エドウィンは日本のデニムブランドの老舗である。

do_ed121211_01.jpg